ミライズ

ミライズ

event家づくりコラム

post2023.01.21

注文住宅へウッドデッキの導入するメリットとは?

「ウッドデッキを導入するか迷っている」
上田市周辺で注文住宅を検討している方で、以上のように悩んでいる方は必見です。
今回の記事ではウッドデッキのメリットと、費用相場についてご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

□ウッドデッキのメリット

1つ目は、洗濯物が干しやすくなることです。
ウッドデッキをリビングから一続きの場所に設置することで、洗濯物を干しやすくなります。
ウッドデッキはベランダや庭と比べて気軽に出入りできるため、メリットに感じられるでしょう。

ただし、その場合は干しやすい動線を考えることが大切です。
ウッドデッキに屋根があれば雨の日も外に洗濯物を干せます。
ウッドデッキとリビングの高さを揃えれば段差が無くなるため洗濯物をより干しやすくできますし、転倒のリスクを軽減できます。

2つ目は、家族の憩いの場になることです。
ウッドデッキは家族がリラックスできる、いわば第二のリビングとしても活用可能です。
窓を開放すれば、ウッドデッキは拡張されたリビングとしても使用できます。

小さなお子さんがいる家庭であれば、夏に子供用プールを出すことで水遊びができます。
他にもガーデニングをしたりペットと触れ合ったり、DIYをしたりといった活用もできます。

このように、ウッドデッキには多様な使い方があります。
これらの使用法を考慮した時に自分に合うと感じた方は、ウッドデッキのある家が向いているでしょう。

□ウッドデッキのある家の費用相場

ウッドデッキの費用としては、2坪で3万6千円~18万円程、3坪であれば約6万円~30万円程です。
ウッドデッキの費用は、「本体費用」と「設置費用」に分けられます。
そのため、ウッドデッキの素材や設置する場所によって、費用は大きく変わってきます。

また、ウッドデッキではメンテナンスコストも考慮しなければなりません。
塗装のみであれば1平方メートル当たり3000~6000円程ですが、張り替える場合は上記の費用をもう一度払うことになります。
ウッドデッキを設置する際は、イニシャルコストだけでなくランニングコストも考慮しましょう。

□まとめ

ウッドデッキには洗濯物が干しやすくなったり、様々な使い方ができるようになったりといったメリットがあります。
一方イニシャルコストだけでなくランニングコストも考慮する必要があり、費用は高くなりがちです。
メリットとデメリットの両方を鑑みた最適な選択をできるように、計画段階から考えていきましょう。