ミライズ

ミライズ

event家づくりコラム

post2022.07.14

家づくりで大切なことは?失敗する人の特徴と合わせて紹介します!

家づくりで失敗したくはないですよね。
そこで今回は、家を建てる際の注意点や、失敗してしまう理由を紹介します。
ぜひ、家づくりの参考にしてください。

 

 

 

□家を建てる際の注意点4選

家を建てる際の注意点を、4つ紹介していきます。

1つ目は、耐久・耐震性能です。
耐久性能とは、地震や火災などが起きなかったときに、どの程度その家に住めるのかというものです。

また、耐震性能とは地震が起きたときに、家がどの程度の地震なら耐えられるのかというものです。
そのため、どちらも日本で暮らしていく上で、非常に大切なことになります。

2つ目は、家に使われている素材を理解することです。
家を建てる際には、木が使われたり鉄が使われたりしますが、それ自体はあまり気にする必要はありません。

気にする必要がある素材は、仕上げ剤と呼ばれる家の天井や床、壁などの最後に仕上げに使われる材料です。
これは、見た目や耐久性に大きな影響を与えるため、家を建てる際にはしっかりと確認しましょう。

確認する方法として、サンプルを見る方法が一般的ですが、小さなものだと実際に仕上がりを見たときに印象が異なる可能性があります。
そのため、なるべく大きな仕上げ剤のサンプルを用意してもらいましょう。

3つ目は、住宅ローンについてです。
おそらく、大半の方は家を建てる際に住宅ローンを組むでしょう。
住宅ローンを利用すること自体は全く問題ないのですが、住宅ローンを組む際には無理のない返済を心がけてください。

自分の理想の家を建てたい気持ちが先行してしまい、予定よりも借入金額が多くなってしまい、無理な返済になると計画通りに返済できない可能性があります。

4つ目は、収納や導線についてです。
最後の注意点は、間取りに対してです。
内観や外観の印象や見た目はもちろん大事なことですが、実際にそこに住むので、住みやすい家を建てることを忘れないでください。

主に、収納や導線に関しては、家を建てた後に後悔する方が多いです。
そのため、間取りを決める際にその家でどのような生活をするのか、将来的な家族構成を考えたときにどのくらい収納が必要なのかを考えましょう。

□家づくりで失敗する理由と特徴を紹介

家づくりで、失敗してしまったと感じる方に当てはまる原因として「目的の明確化」ができていなかったということが挙げられます。
家づくりにおいて家を建てる目的がはっきりとしていれば、その目標が達成されたときに、皆さんは家づくりは成功したと感じるでしょう。

しかし、家づくりにおいて目的がない場合は、住んでから後悔が多くなります。
このように目的を持つことで、家づくりを何から取り組めば良いか分からないという事がなくなり、目的達成のために必要な情報が集められます。
そのため、結果的に目的を持つことは、家づくりで失敗しないことにつながります。

□まとめ

今回は、家づくりで大切なことや失敗する理由を紹介してきました。
家づくりは、自分で知識を持っておくことで、失敗する確率が下がります。
当社は、上田市周辺に家づくりをしているので、不安な点や分からないことがある際には、ぜひお問い合わせください。